テレビやインターネットなどで株による破産のニュースを見かけます。株で後悔しない為の方法を予め身につけましょう。

たくさんのお金を持つ男性
  • ホーム
  • 親子上場企業はTOBの可能性がある!こういう銘柄は空売りは注意!

親子上場企業はTOBの可能性がある!こういう銘柄は空売りは注意!

TOB(株式公開買い付け)というものをご存じでしょうか。
TOBは発行株を買い付けて子会社にするというものですが、新型コロナウイルスの流行からはこのTOBが活発となってます。
2020年で注目を集めたTOBは、島忠を狙ったDCMとニトリのTOB合戦です。
当初はDCMが島忠を1株あたり3500円で買い付けを進めていたところにニトリがTOB合戦に参入してきた事で、価格争いが起こり最終的にニトリが5500円での買い付け方針を公表で決着となりました。
この他にも、有名なものでは水道橋にあります読売巨人軍の本拠地の東京ドームが三井不動産にTOBされるという事がありあましたが、香港のオアシスというファンドが東京ドーム株を10%以上保有して現経営陣の退陣を要求。経営陣は三井不動産にホワイトナイトを依頼したというものがありますが、TOB価格は1300円。株価900円のところからのTOBでしたので1300円はプレミアム40%を超えるプレミアムは夢がありますね!

TOBは一度は手にしてみたいものですね
TOBされる企業の特徴ですが、親子上場というものがありますが、日立製作所が御三家と呼ばれる日立化成、日立建機、日立金属などを売却したというものがあります
今後TOBなどされる可能性がある親子上場の企業!こういう銘柄はいくら業績が悪くてもTOBなどあれば株価が急伸してしまいますので、空売りなどはしない方がいいと思いますよ。